【がん保険】20~30代のがん保険の入り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

全国健康保険協会のサイトによれば、「日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡※」しているそうです。万一の時に備えて、がん保険に入っておくと安心です。今回は、20~30代の若年層ががん保険に加入するメリットをご紹介します。

 

がん保険加入の目的は「万一の備え」

20~30代は、将来への備えよりも、つい支出を重視して保険は後回しにしてしまいがちです。
特に、がん保険となると「加入はまだ先でいいや」と思ってしまう20~30代も多いはず。でも、万一の備えを目的としてがん保険を検討してみるのも良いかもしれません。

がん保険の治療は、入院が長引いたり、薬などで予想以上にお金がかかることが考えられます。いざという時のために備えておくと安心です。
安心を得られるだけでなく、20~30代でがん保険に加入しておくメリットもあるのです。

20~30代でがん保険に加入する3つのメリット

20~30代でがん保険に入るメリットは、

・比較的保険料がお手頃
20~30代は、40代以降よりも比較的お手頃に入れる保険もあります。保険料が低いうちに加入しておくことで、負担を抑えることができます。

・万一の時の経済的な支えになる
がんにかかると、仕事を休んで治療を行わなくてはならないこともあります。そんな時の経済的な支えになってくれるのが、がん保険です。病気になると入院や通院など、予想外の出費がかさむことも多いのです。

若いうちにがんが発症する場合もあります。転ばぬ先の杖として、がん保険加入を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

医療保険プラスがん保険で女性特有のがんに備える

20~30代女性の場合、保険を検討するとなると、医療保険を選ぶ人がほとんどではないでしょうか。しかし、乳がんや子宮がんなど女性特有のがんは、20~30代で発症することも少なくありません。がんは治療が長引いたり、治療費が高額になる場合もあります。医療保険だけでなく、がん保険にも加入することで、万一の時の保障を手厚くすることができます。

まとめると、

  • 20~30代のうちに加入しておくと保険料が割安
  • 万一の時の経済的な不安に備えることができる
  • 女性特有のがんは20~30代で発症することも少なくないので加入しておくといざという時も安心

20~30代も、将来の安心のためにがん保険も検討してみてはいかがでしょうか。

出典:※全国健康保険協会 協会けんぽ
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat450/sb4502/p024

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る