【がん保険】診断給付金のトレンドから最適な保険を選ぶ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

がん保険の診断給付金とは、がんと診断された時に受け取ることができる給付金のこと。がんの治療はお金が掛かるというイメージがありますよね。

そんなとき、まとまったお金が受け取れれば心理的にも経済的にも楽になりそうです。最近では、再発しても複数回給付されるものもあり、さらに魅力的な商品も開発されています。今回は診断給付金に着目してみましょう。

診断給付金のトレンドは?

がん保険の保障は、通院時に受け取れる「通院給付金」、入院時に受け取れる「入院給付金」、そしてがんと診断された時に受け取れる「診断給付金」などがあります。給付の条件や回数は、商品によってさまざまです。

保障で話題にのぼるがん診断給付金は、加入者が責任開始日以後に医師からがんと診断され、確定された後、保険会社に請求すると受け取れる給付金です。一昔前に販売されたがん保険は、入院給付金が支払われる条件となる入院や通院、手術など受けて初めて受け取れるものもありましたが、現在発売されている商品は、入院や通院、手術などを始める前給付されます。

また、がんが再発したときにも診断給付金を受け取れる商品もあります。「前回の診断給付金を受け取ってから2年以上経過していること」などの条件がある場合もあり、保険会社や募集代理店に確認が必要です。

※保険会社が保険契約上の責任を負いはじめる日。保障が開始される日。

診断給付金は「がん治療に備えるための準備」

では、なぜがん保険には診断給付金があるのでしょうか。それは、がんの治療費に備えるため。がんは、り患した部位や治療方法などによって、高額な治療費がかかることもあります。その時に、治療を受けられないことがないようにするためです。また、病状によっては、ただちに入院日と手術日が決まり、急いで治療費を用意しなくてはならないこともあります。どちらにしても、診断給付金があれば、治療費の問題で希望する治療をあきらめる人を減らすことができるのではないでしょうか。

あなたに合った診断給付金のタイプは?

現在のがん保険は、大きく分けて通院給付金、入院給付金、診断給付金などがセットになったものと診断給付金だけのものが販売されています。

【通院給付金、入院給付金、診断給付金がセットになったタイプのがん保険商品】

一方、こちらも根強い人気があります。診断給付金だけのタイプと比べると診断給付金の金額は小さくなりますが、その分通院給付金、入院給付金がしっかり受け取れるような保険商品が多いので、入院や通院が長引いても安心して治療に専念できます。

【診断給付金だけのがん保険商品】

こちらは、一括でまとまった金額を受け取ることができ、受給者が自由に使いみちを選べることから人気があります。がん治療は、入院日数が短いものや通院だけの治療方法、高額な治療費がかかるものなど、その時にならないとどんな治療方針になるのか分かりません。そのため、まとまった金額を受け取れるがん診断給付金なら、その中から、自由に支払うことができます。

がん治療は診断時期や、がんのステージ、再発や転移の有無によって治療方針はさまざまです。そのためいくら備えれば十分なのか判断しにくい難しさがあります。

自分のニーズにあわせた給付金を見つけよう

まとめると、

  • がん保険の診断給付金とは、がんと診断された時に受け取ることができる給付金のこと
  • 診断給付金は、がんの治療費に備えるため
  • がん保険は、通院給付金、入院給付金、診断給付金がセットになったタイプと診断給付金だけのタイプがある

がん保険は、診断給付金の高さだけが魅力ではありません。自分のニーズに合わせて通院給付金、入院給付金、診断給付金がバランスよく組み合わされたがん保険を選ぶと良いでしょう。

タカス / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る