【がん保険】通院保障を見直すポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近のがん治療は、入院日数を短くして、自宅から通院するQOL(クオリティーオブライフ)を重視したものが主流となってきています。そのため、がん保険も通院保障が充実した商品が増えているようです。今回は、通院保障の内容からがん保険を検討するポイントとして、通院給付金に着目してみましょう。

 

がん治療の現状は、入院→通院治療

長らくがん治療は、入院して手術をし、術後も長期間入院しながら経過をみることが主流でした。しかし最近は、医療技術の発達により、術後の回復も早く、通院しながら経過をみることが増えてきました。それに伴い、がん保険も入院給付金重視のものから通院給付金重視の保険商品に変化してきています。

手術後の通院は、2つのパターンに分かれます。術後の経過をみるための通院と、抗がん剤治療などによる通院です。術後の経過をみるための通院は、手術後すぐの期間を除き、頻繁に通院するものではないため、頻度は少なめです。一方、抗がん剤治療のための通院は、がん細胞の増殖を防ぐために行うので、がんの種類や進行具合に応じて、頻繁に通院しなければなりません。そのため、通院給付金の給付日数の長さも重要な判断材料になりつつあります。

通院給付金を軸にがん保険を見直す2つのポイント

がん治療の現状が変わったことで、「今、入っているがん保険は大丈夫?」と不安に思う人や、現在通院保障を付けていない人もいると思います。そこで通院給付金を軸に現在加入している保険の見直しをするときのポイントを2つご紹介します。

1 通院1日目から通院給付金は給付されるか?

現在のがん治療は、入院しない手術や、術後の通院日数が短くなっている傾向にあります。そのようながん治療に対応できるように、1日目から給付されるかどうかは着目したいポイントです。

 

2 通院給付金の支払い日数は十分か?

早期に発見されたがんの治療や、部位によっては、通院日数は短くすむこともありますが、そうではない場合は長期での通院を覚悟しなければなりません。そのため、支払い日数の長さはとても重要です。長期間給付される通院給付金は、お金の心配を減らしてくれるという精神的なメリットもあります。

通院給付金の手厚さが安心につながる

まとめると、

  • がん治療の流れは入院から通院へシフト
  • 通院給付金を軸に見直すときは「通院1日目から通院給付金は給付されるか?」「通院給付金の支払い日数は十分か?」の2つを確認する

がん保険は保障対象をがんに限定しているため、医療保険より手厚い通院保障を得られます。見直しのきっかけがあれば、通院保障を見直しポイントの1つにしても良いかもしれません。

 

sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る