【がん保険】がん保険の保険料は年末調整や確定申告で控除できるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

がん保険で支払った保険料は、年末調整や確定申告で控除ができます。給与所得者の場合は、税金の控除が少ないため、保険料控除制度は有効に活用したいところです。今回は、生命保険料控除制度※1と改正のポイントを紹介します。

 

生命保険料控除制度とは

生命保険料控除制度とは、所得税法により認められた生命保険契約の払込保険料の一定額を、保険料を実際に負担した人の所得から控除できる制度です。(平成27年4月1日現在法令等に基づく)

所得額から雑損控除・医療費控除など他の所得控除と合わせて調整後の生命保険料控除額を差し引くことにより、所得税および住民税(道府県民税や市町村民税)の対象額が小さくなるため節税となります。

給与所得者は、「給与所得者の保険料控除申告書」を勤務先に提出することにより、年末調整で控除が受けられます。また、事業所得者は、控除を受ける保険料を「確定申告書」に記入して所轄税務署に提出することで控除が受けられます。

生命保険料控除制度の改正について

生命保険料控除制度は、平成22年度の税制改正により、平成24年度の所得税から、生命保険料控除制度が改正されました。そのため、平成24年(2012年)1月1日以後に締結した保険契約から「新制度」が適用されています。

平成23年(2011年)12月31日までに締結した保険契約に適用されている制度は、以前からの生命保険料控除制度が適用されています。(新制度と区別するために、以後「旧制度」と表記)

少し、複雑なのですが、平成23年(2011年)12月31日以前に締結した契約であっても、平成24年(2012年)1月1日以後に更新・特約中途付加など契約内容の変更を行った場合は、当該変更時点から契約全体(主契約+特約)に対して新制度の控除区分が適用されます。

新制度になって変わった3つのポイント

新制度になって変わったポイントは以下の3つです。

1 「介護医療保険料控除」の新設 ※2
新制度に「介護医療保険料控除」が新設されました。

旧制度では、「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」の2区分でしたが、新制度では、「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」「介護医療保険料控除」の3区分になりました。主契約と特約のそれぞれの保険料は、保障内容ごとに3つの保険料控除へ分類されます。

■一般生命保険料控除:生存または死亡に基因して一定額の保険金、その他給付金を支払うことを約する部分に係る保険料

■介護医療保険料控除:入院・通院等にともなう給付部分に係る保険料

■個人年金保険料控除:個人年金保険料税制適格特約の付加された個人年金保険契約等に係る保険料

どの保険料控除に分類されるかは主契約と特約の名称に関わらず、保障内容によって異なるため、生命保険会社に確認しましょう。

2 各控除区分の適用限度額・制度全体での適用限度額の変更
「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」の適用限度額が、所得税4万円・住民税2.8万円へと変更になりました。新設された「介護医療保険料控除」も4万円です。制度全体での所得税の所得控除限度額は、12万円になり、住民税は限度額7万円のまま変更はありません。

3 主契約と特約の保障内容に応じた控除区分※3

異なる複数の保障内容が一つの契約になっている場合、その保険契約の主要な保障内容に応じて保険料控除がされます。
新制度では、主契約と特約の保険料について、それぞれの保障内容により適用となる控除区分が判定されます。例えば、からだの傷害のみに起因して保険金などが支払われる災害死亡割増特約、傷害特約などの保険料は、生命保険料控除制度の対象とはなりません。

このため、実際の払込保険料と生命保険料控除証明書に記載される金額が異なる場合があります。

まとめると、
・がん保険で支払った保険料は年末調整や確定申告で控除できる
・平成22年度の税制改正により、平成24年度の所得税から生命保険料控除制度が改正された
・保険料控除制度の改正のポイントを3つおさえよう

がん保険で支払った保険料は年末調整や確定申告で控除できます。保険料控除制度を有効に活用してみてはいかがでしょうか。

<参考>
※1国税庁 給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_05.htm
※1国税庁 申告書の提出
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/06.htm
※2国税庁 No.1140 生命保険料控除
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm
※2国税庁 No.1141 生命保険料控除の対象となる保険契約等 
(所法76、120、所令208の3~212、262、所規47の2)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1141.htm
※3生命保険文化センター 税金に関するQ&A
http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/tax/tax_q16.html

ぺかまろ / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る