がん保険への加入検討時に知っておきたい選び方のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

がんの治療には、先進医療や長期入院により高額の医療費が必要になる可能性があります。 そこで、多くの方ががん保険に加入しておくことで、いざという時のために備えをしています。

もっとも、これからがん保険の加入を検討するという方は「どのようにがん保険を選んだらいいのだろう・・・」と悩まれるのではないでしょうか。

そこで今回は、がん保険の保障内容を踏まえたがん保険の選び方のポイントについて説明していきます。ご参考になれば幸いです。

1.がん保険は何を保障してくれる?がん保険の給付金について

がん保険の選び方について説明する前に、まずはがん保険の主な給付金をご紹介していきます。

  • 1-1.診断給付金
  • 1-2.通院給付金
  • 1-3.入院給付金
  • 1-4.手術給付金

それぞれについて詳しくは以下の通りです。

1-1.診断給付金

がんと診断されたときに一時金として受け取れるお金が診断給付金です。

がんには、放射線治療や抗がん剤治療などの入院や手術以外の治療も多く、そのための費用をこの給付金で準備をしておくこともできます。

1-2.通院給付金

がん=即入院というイメージを持たれている方もいらっしゃるようですが、がんの治療にあたっては必ずしも入院しなければならないわけではなく、医療の進歩により、通院メインでがんを治療するケースもあります。

通院給付金とは、そのようにがんで通院した場合に通院日数に応じて支払われる給付金です。

1-3.入院給付金

がんで入院した場合に日額でもらえるお金が入院給付金です。

商品によっては、入院日数に応じた日額の支払い以外に、入院日数に関わらず入院によるがん治療にかかった費用を全額保障するというものもあります。

1-4.手術給付金

がんの手術をした際に受け取れる給付金です。

ただし、商品によっては、入院を伴う手術にのみ給付されるという条件がついているがん保険もあるので注意が必要です。

 2.がん保険の選び方として重視すべきポイントは?

がん保険は、商品によっては、入院・手術の保障だけでなく、手術前の通院のための保障や、退院後の放射線治療を対象とした保障、抗がん剤治療を対象とした保障なども保障内容として含むものがあります。

がん保険の選び方で重視したいポイントは、保障やサービスの内容の「幅広さ」です。

ですので、がん保険を選ぶにあたっては、各社の保障内容をよく確認・比較し、加入する保険を決めましょう。 

3.がん保険に加入する際の注意点

がん保険に加入する際に注意点があります。がん保険の保障は加入後すぐには発生しない場合があります。これは待ち期間と呼ばれるものです。

待ち期間にがんの診断を受けても給付金を受け取ることはできません。

また、がん保険はあくまでがんの場合をメインに保障するものなので、他の病気やケガを保障したい場合はがん保険とは別に医療保険に加入、検討することをおすすめします。

まとめ

がん保険選びはややこしいというイメージがあるかもしれません。

今回説明したように、満足できるがん保険選びのポイントの一つは多岐にわたる治療に対応できる保障内容の「幅広さ」です。

様々な商品を比較検討し、自分に合った保険を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る