【がん保険】もし、がん保険の見直しをする場合に気を付けたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ライフイベントに合わせて定期的にがん保険を見直すことは重要ですが、見直しによっては不利益となる場合もあります。それを防ぐためには、がん保険の見直しをする場合に、どんなことに気をつければよいのでしょうか。もし、がん保険を見直しをする場合に気を付けたいことをまとめました。

 

がん保険の見直しで気をつけたい「解約」

がん保険の見直しには、

  • 新しいがん保険に加入する
  • 解約する
  • 新たな特約などを追加で付加する
  • 現状維持

などがあります。その中で気を付けたいのが「解約」です。
解約とは、保障がなくなることです。保障がなくなるのは心配ですが、「新しいがん保険に解約と同時に加入するから大丈夫」とも言えないのが、保険の契約の難しいところです。

例えば、新たな保険契約に乗り換える場合、解約返戻金は払込保険料の合計額に比べて少ない金額になることがあります。特に契約期間が短い場合、解約払戻金は全くないか、わずかな金額になります。また、一定期間の契約の継続を条件に発生する配当の請求権などを失う可能性や新たな保険契約では予定利率が下がることもあります。

このように乗り換えや見直しは、契約者にとって利益ばかりではなく、不利益になることもあります。そのため、よく考えて解約することが重要です。

申し込んだがん保険に必ず加入できるとは限らない

また、新たながん保険に申し込んでも、健康上の理由で審査が通らないこともあります。たとえ以前加入していたがん保険と同じような保障内容であっても、新たに加入しようとしている保険にも同条件で契約できるとは限りません。

「加入できると思って前の保険を解約してしまった、どうしよう」ということにならないように、新たながん保険契約の責任開始日がスタートしてから、既契約のがん保険を解約すれば、保障がない期間が生じません。

解約せずに今のがん保険に加入し続けたほうが良いことも

がん保険を見直す時は、「保険料の負担を軽くしたい」と考える人も多いのではないでしょうか。しかし、月々で支払う保険料の負担を軽くするよりも保障内容を考慮することで今までのがん保険に加入し続けるほうが、解約するよりも良いということもあります。

また、契約内容の見直しには、新たな特約を追加で契約、中途付加などもあります。
新たに別の保険に加入するより、もともとの保険契約に追加するので、不利益が少ないのではないでしょうか。

がん保険を見直しをする時は、目先の保険料だけにとらわれず、生涯にわたって支払う保険料と保障内容を軸に検討してみましょう。

まとめると、

  • 保険の見直しには、追加で契約、解約、現状維持などがある
  • 保険の解約には契約者にとって不利益になることがあるので、注意が必要
  • 今のがん保険に加入し続けたほうが、保障内容を考慮すると解約よりも良いケースもある

がん保険の見直しで悩んだら、保険ショップや保険会社のコールセンターなどで相談してみてはいかがでしょうか。見直しの相談だけでなく、保険や治療の現状を教えてくれるでしょう。

写ぁ・アズナブル / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る