がん保険は必要?それとも不要?がん保険加入前に知っておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

これをお読みの方の中にも、「将来がんの不安がないわけじゃないけど、医療保険には入ってるし、さらに毎月保険料がかかるのは避けたい。全ての人ががんになるわけではないので、自分は不要なのではないか?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それでも、万が一、ご家族やご自身ががんにかかってしまい、がん治療に先進医療(※)を選択した場合には先進医療は自由診療となるため、家計の負担が大きくなることもあります。そのことを踏まえると、やはりがん保険への加入を前向きに検討された方がよいでしょう。

そこで今回は、

  • がん保険とは?
  • がん保険に加入する必要性が低い(もしくは不要な)方は?

という点についてお話していきます。

※「先進医療」とは、厚生労働大臣が認める医療技術で、医療技術ごとに適応症(対象となる疾患・症状等)および実施する医療機関が限定されています。また、厚生労働大臣が認める医療技術・適応症・実施する医療機関は随時見直されます。

1.がん保険とは?

まずはがん保険とは何かということと、がん保険の給付金の種類について説明していきます。

1-1.がん保険とは?

「がん保険」は、がんの治療に特化した保険で、がんのさまざまな治療に対して幅広く保障してくれるものです。

病気になった際の保障、という意味では医療保険と重なる部分はありますが、この後に述べる診断時一時金や、抗がん剤治療などに対する特定の治療を保障するという点で「特にがんに手厚い保険」と言えます。

1-2.がん保険の給付金の種類は?

次はがん保険の給付金の種類について説明していきます。以下の通りです。

診断時一時金 がんと診断を受けると支払われる一時金
治療一時金(入院一時金) がんで入院もしくは一定の治療をすると支払われる一時金
入院給付金 がんで入院すると入院日数に応じて支払われる給付金
通院給付金 がんで通院すると通院日数に応じて支払われる給付金
手術給付金 がんで手術すると支払われる給付金
特定治療給付金 (抗がん剤治療給付金・放射線治療給付金など) 抗がん剤治療や放射線治療など特定の治療に対し支払われる給付金
先進医療給付金 国が認める先進医療を受けると支払われる給付金

2.がん保険に加入する必要性が低い(もしくは不要な)方は?

先ほどはがん保険について説明していきましたが、加入する必要性が低い方はどのような方でしょうか。

以下の方はがん保険に加入する必要性が低い(もしくは不要な)方と言えます。

2-1.資金に余裕がある方

がん保険は、がんの治療に特化した保険です。

ですので、治療費の補てんの必要性がないほど資金に余裕がある方は加入の必要性は低いと言えるでしょう。もっとも資金に余裕がある方でも、入院費や治療費で貯蓄を切り崩したくない方はがん保険に加入するようにしましょう。

2-2.他の保険でカバーしている方

がん保険に加入をしていなくても、がんの先進医療特約等が付いた医療保険に加入している方は、別途がん保険に加入する必要性は低いと言えます。

現在医療保険に加入しているという方は、医療保険の保障内容と加入を検討しているがん保険の保障内容を照らし合わせてがん保険の必要性を考えましょう。

2-3.がんの先進医療をしないと決めている方

中には、がんの先進医療をしないと決めている方もいます。

がんになっても保険適用外の治療は行わないと決めているのであれば医療費に備える必要性は低いでしょう。そのため、がん保険に加入する必要性はないかもしれません。とはいえ、入院期間が長引くことになれば高額の医療費がかかる可能性があるので、長期の入院に備えて、やはりがん保険への加入をおすすめします。

まとめ

がんという病気は、抗がん剤の投与や放射線の治療、入院の長期化などによって治療費が高額になっていくケースもあります。そのため、将来の大きな出費に備えることが必要です。現在、医療保険に加入されている方は保障内容を見直し、この機会にがん保険の必要性を検討してはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る