【がん保険】がん保険には、免責期間があるって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

多くのがん保険には、加入してすぐに保障が始まらず、保険金が支払われない一定期間=免責期間があります。せっかくがん保険に加入したのに、すぐに保障が始まらないのはなぜでしょうか? また、免責期間中に見つかったがんは保障されるのでしょうか? 今回は、がん保険の免責期間について知っておきたいことをまとめました。

多くのがん保険には免責期間がある

がん保険の加入申込書を提出して、保険料を払い込むとすぐに保障が始まると思っていませんか? 実は現在発売されているほとんどのがん保険は、保障が始まるまでの一定期間が経過しないと保険金が支払われない免責期間があります。

生命保険には免責期間がないのに、なぜ? と不思議に感じるかもしれません。実は、がん保険には生命保険とは異なる事情があるのです。

免責期間がある2つの理由

がん保険に免責期間がある理由は2つあります。

1.がんは発病しても自覚症状が出にくい
がんは発病してからすぐに体に不調があらわれるわけではありません。自覚症状がなく、健康状態を申告する告知書を記入する時に発病に気づいていない場合もあります。そのため、加入してから本当にがんにかかっていないかを確かめるために免責期間があるのです。

2.「がんかも?」という不安で加入する人がいる
がん保険は「がんかもしれないと感じる」ことがあった時に、加入する傾向があるようです。免責期間は、契約の公平性を保つために設けられています。

ただし最近では、支払いに関して免責期間のないがん保険も発売されていますが、保険料は免責期間が設けられているがん保険より割高なことがほとんどです。

免責期間中にがんが発覚したら、給付金は受け取れるの?

免責期間中にがんまたは、がんの疑いが発覚した場合、がん保険に加入していても、給付金は受け取れません。がんの疑いとは、「触れたら、しこりがあった」「体調が悪く病院に通っていた」「検診などで再検査が必要と言われていた」「検査で異常がでていた」などです。

もしこのような疑いがある場合は、保険代理店や保険会社に連絡して相談してください。免責期間中にこれらの状況を隠したとしても、保険給付金の支払い前には、保険会社から医療機関に調査があるので隠し通すことはできません。

まとめると、

  • ほとんどのがん保険には一定の免責期間がある
  • 免責期間は、契約の公正性を保つために設けられている
  • 免責期間中にがんが発覚したら、保険金は給付されない

がん保険の免責期間について、不安なことがあったら、がん保険に加入した保険代理店や保険会社に相談してみましょう。

Good morning / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る