【死亡保険】生命保険料を払っていると年末調整で税金が戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

死亡保険や医療保険、個人年金保険などの保険料を支払った場合、所得控除として生命保険料控除の適用を受けることができます。生命保険料控除額は、平成24年に新制度となり、旧制度(平成23年12月31日まで)と新制度では控除額が異なります。生命保険料控除※の内容をしっかり把握して、どのくらい控除を受けられるのか確認しておきましょう。

生命保険料控除には新制度と旧制度がある

生命保険料は、控除の対象です。しかし、新制度と旧制度があり、平成24年1月1日以降に契約したものと、それ以前に契約したものとでは、控除の区分で計算方法が異なるので注意が必要です。

平成23年12月31日までの旧制度では、生命保険料控除の種類は「一般生命保険料控除」と「個人年金保険料控除」の2種類。合わせて最大で10万円の所得控除が受けられます。新制度になったあとも、旧制度の時に契約した保険は、旧制度の生命保険料控除を受けることになっています。 ※

旧制度では、死亡保険をはじめ医療保険、介護保険も合わせた生命保険全般をまとめて「一般生命保険料控除」とされていました。
しかし、新制度では死亡保険のみを「一般生命保険料控除」とします。医療保険と介護保険は「介護医療保険料控除」と別枠が新設されています。それにより「個人年金保険料控除」も合わせて最大3種類の控除が受けられ、新制度では最高12万円までの所得控除が受けられます。 ※

控除枠ごとに新旧制度どちらか選んで控除できる

生命保険料控除の計算は、それぞれの控除枠ごとに行います。毎年保険会社から生命保険料控除証明書が郵送されてくるので、そこに書かれている内容に従って、会社に提出する年末調整申告書を記入すると間違いありません。

生命保険料控除証明書には、契約日や保険料の払い込み見込み額はもちろん、保険の種類やどの控除枠に該当するのかということも記載されています。
複数の保険に加入している場合には、控除枠ごとに払い込み保険料の総額を出した上で年末調整申告書に記入します。

注意したいのは、旧制度の時に加入した保険と、新制度になってから契約した保険の両方がある場合です。
この場合、控除枠ごとにどちらの制度を適用するか選択できることになっています。
たとえば一般生命保険は旧制度、介護医療保険は新制度、個人年金保険は旧制度で控除を行うといった形も可能。その場合、合計の控除額が12万円を超える場合には、12万円が上限となります。

また以前から死亡保険に入っていて、平成24年以降に医療保険に新たに加入した場合には、死亡保険の保険料は旧制度を適用し、医療保険は新制度の控除を受けるということが可能です。

さまざまな保障がセットされた保険に加入している場合、定期保険部分だけを更新したり、医療特約を新たに付加した、というケースもあるでしょう。そのようなケースでは、選択の仕方によって受けられる控除額が違うので注意が必要です。
たとえば、終身保険500万円と定期保険3000万円がセットになった保険に加入していて、平成24年以降に更新した場合、終身保険の500万円は旧制度が適用され、更新した定期保険3000万円は新制度の適用となります。どちらも死亡保険なので、新旧いずれの制度であっても、一般生命保険料控除枠となり、どちらか一方を選ぶことになります。

一般生命保険料控除枠は、旧制度が上限5万円、新制度は上限4万円です。このようなケースでは、旧制度の適用となる終身保険の保険料が年間10万円を超えていれば、上限の5万円の控除が受けられるので、旧制度で控除をしたほうが有利です。※

このようにどちらの制度も適用される場合には、控除枠ごとに有利な方を選択できるので、有利な組み合わせで控除を受けられるよう計算しましょう。

会社員は年末調整で還付申告が可能

生命保険料控除の申告は、会社員の場合、年末調整で行えます。毎年11~12月ごろに会社に提出する年末調整の書類を記入し、保険会社から送られてきた生命保険料控除証明書を添付して提出すればOK。控除額に応じて払いすぎた税金が戻ってきます。

自営業者などは所得税の申告時に、所得から控除できる項目の中に生命保険料控除の項目があるので、そこに計算した金額を記入し申告します。ちなみに住民税も7万円を限度に所得控除を受けられます。

まとめると、

  • 生命保険料を支払うと、生命保険料控除の適用を受けることができる
  • 旧制度と新制度では控除額が異なる
  • 新旧どちらの制度も適用される場合には、控除枠ごとに有利な方を選択できる

生命保険の保険料は長期にわたってかなりの額を支払い続けるもの。毎年の控除による節税額はさほど大きくなくても、トータルで見ると大きな減税効果となります。必ず申告するようにしましょう。

<参考>
※国税庁 No1140 生命保険料控除 
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm

ぺかまろ / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る