生命保険と損害保険の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「生命保険」と「損害保険」とは、何が違うのでしょうか。同じ「保険」なので、「万が一のために備える」という目的は共通しています。

生命保険と損害保険の違いを簡単にまとめると、

「生命保険は人に関する保障」、「損害保険は物に関する補償」と言えるでしょう。

1.生命保険について

私たち人間が生きていく上で、病気やケガになるリスクとは切っても切れない関係にあります。もし家族の誰かが亡くなった場合、残された遺族の生活費を保険で確保するという目的のために開発された商品です。

生命保険が発売された当初は死亡の場合のみ保険金が支払われる仕組みでしたが、ニーズの多様化により、病気やケガをした場合の入院費用、手術費用に備える医療保険や、生命保険の医療特約ができました。

また、がんの治療費に特化したがん保険が発売されたり、要介護状態になった際に保障を受けられる介護保険も発売されました。

このように、人間の生死や健康状態を対象にした保険でも、ニーズの高まりにより、多くの種類の保険が開発されています。

2.損害保険について

一方、損害保険は、住まいや車、持ち物などの「物」に関する補償をする保険です。

代表的な損害保険の例といえば、自動車保険でしょう。自動車を所有した場合、全てのドライバーに自賠責保険への加入が義務付けられています。この保険は、自動車の保有者や運転者が、他人を死傷させた場合に、その損害賠償が補償されるものです。自賠責保険が基本となる保険ですが、自動車保険には、他にも対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、自損事故保険、車両保険など、多岐に渡る保険が用意されています。

損害保険の対象は、自動車だけではありません。住まいについても、火災保険や地震保険が発売されています。火災保険については、マンションなどの集合住宅では、加入が義務付けられている場合もあります。

その他にも、携行品(持ち物)に関する保険や、船舶に対する保険など、損害保険は生命保険に比べて、より多種類の保険が発売されています。

3.生命保険と損害保険の違い

3-1.保障と補償

生命保険と損害保険の違いは、上記でも説明したように、

生命保険=人に関する保障

損害保険=物に対する補償 と言えます。

同じ「ほしょう」という文字でも、生命保険では保障と言い、損害保険では補償と言い表すのはなぜでしょうか?

「保障」は権利、自由、安全、生活などを守ること、「補償」は損害や出費などを金銭などで補うことを指します。この違いがあるので、生命保険には「保障」、損害保険には「補償」の漢字が使われているのです。

3-2.保険金が定額の生命保険、実損分のてん補の損害保険

生命保険の保険金は、契約時に定められた定額が受取人に支払われます。一方、損害保険では定められた金額ではなく、実際の損害額と同額が支払われます。(ただし契約により免責金額、上限金額などが定められています。)

両者に違いがある理由は、一般的に損害保険の金額は、車の修理費など、補償する実費の金額が分かりやすいですが、生命保険の場合、遺された遺族の生活費など保険金の使い道が受取人により決められるため必要な費用が一律に算定出来ず、実費ではなく定額が支払われる仕組みになっているからです。

3-3.生命保険と損害保険の告知

生命保険は、人間の生死や健康状態に関わる保障をする保険です。そのため、加入時に自身の健康状態を申告する告知が義務づけられています。

生命保険では、健康状態によっては保険に加入できない場合があります。

一方、損害保険でも、自動車保険などは、今までに何キロ走ったのか、運転者の免許の色はゴールドかブルーか、などの告知の必要性があります。また、火災保険や地震保険でも、対象の物件が築何年か、コンクリート建てか木造か、というような要件を申告する必要があります。

ただ、損害保険の告知については、保険料が高くなることはあっても、生命保険のように加入できないということはありません。

4.まとめ

今回は、生命保険と損害保険の違いについてご説明しましたが、いかがだったでしょうか。万が一の事態に備えながら生活していく上では、生命保険、損害保険ともに加入する必要が出てくるでしょう。

両者の違いを理解し、無駄の無い保障、補償内容を準備するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る