【がん保険】掛け捨てで十分? 選ぶときは解約払戻金で考えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

がん保険には大きく2つあります。掛け捨てタイプは、保険加入後、途中解約しても解約払戻金がないもの、解約払戻金タイプは、一定期間経過後に途中解約すると払戻金があるものです。

現在発売されているがん保険には、どちらのタイプもあり、つまり、双方にメリットとデメリットがあるということ。あなたには、どちらのがん保険が向いているのか一緒に考えてみましょう。

解約払戻金がない(掛け捨て)がん保険のメリットとデメリット

【メリット】

  • 比較的お手頃な保険料で、大きな保障を得られる
  • 保険料や内容の見直しがしやすい

解約払戻金がない掛け捨てのがん保険は、比較的お手軽な保険料で、大きな保障が得られるのが魅力。大きな保障を備えたいという時にも、保障に比例した保険料で納得感が得られます。

また、見直しの面でも優れています。がん保険は、がんの治療の進歩に合わせ最新の治療内容をカバーできるものがそのつど登場しています。そんな時、解約払戻金がない掛け捨てのがん保険なら、新しい保障にアップグレードしていくような見直しをしていくこともできるでしょう。

【デメリット】

  • 保険料が安い分、解約払戻金や満期金がない

保険に入る以外にも、貯蓄で将来に備える方法もあります。しかし、若い時は思うように貯金ができないことも多いでしょう。特に家庭を持つと教育費等にお金がかかってしまうこともあります。子育て中のご家庭など、収入が少ない若い人が、万一の時のために備えるには向いているといえます。

 

解約払戻金があるがん保険のタイプのメリットとデメリット

【メリット】

  • お金の積立ができる、貯金代わりになる

解約払戻金のあるがん保険は、一定期間経過後に途中解約すると、解約払戻金としてまとまったお金が受け取れるというメリットがあります。また健康で過ごしていた場合に、生存給付金やお祝い金が受け取れるものもあります。支払った保険料の一部が戻ってくるような仕組みです。

【デメリット】

  • 解約払戻金のないがん保険より保険料が高い
  • 保険料や内容の見直しが難しい

解約払戻金のあるがん保険は、保険料に積み立てる分のお金が含まれているため、同じ保障額の場合、解約払戻金のない掛け捨てのがん保険よりも保険料が高くなるのが一般的です。

ちなみに、解約払戻金のあるがん保険を途中解約する場合、その解約払戻金は今まで払った保険料を下回ることが多いようです。そのため、加入するときには、解約する可能性が低いかどうか検討して加入するとよいでしょう。

保険料と保障額を比較して自分に合ったタイプを選ぼう

まとめると、

  • 解約払戻金がない掛け捨てのがん保険は、保険料と保障額がリーズナブルで見直しがしやすい
  • 解約払戻金があるがん保険は、解約時にまとまったお金を手に入れられるため貯蓄性はあるが、その分保険料が高くなったり、見直しにくかったりする

保険料や保障額、見直しやすさなどを比べると、どちらにも一長一短があります。いずれにせよ、がん保険に加入するときは、支払える保険料と備えたい保障額をしっかり把握してそれを元に比較することが、あなたに合ったがん保険を選ぶための第一歩といえるでしょう。

sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る