【死亡保険】保険料が払えなくなった。こんなときどうすればいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生命保険に加入しているけど、毎月の引き落としが滞ったらどうなるの?

すぐに保険が解約されてしまうのではないか?

と心配する方もいるでしょう。

保険料が払えなくなった場合、保険はどうなるのでしょうか。

もしも保険料が払えなくなったらどうなるの?

保険料の負担が重くて支払っていくのが困難、あるいは他の保険を検討している、などで今加入している保険の解約をしようとしている人は、ちょっと待ってください。

保険は預貯金などと違い、解約したらそれまで支払ったお金が確実に戻ってくるわけではありません。

しっかり考えてから解約しないと損をすることもあり、また保障が全くない状態になり兼ねません。

保険料の支払いができなくなったので解約したいと思っている人は、保険料の払い込みができなくなったらどうなるのかということをまず確認しましょう。

保険料の引き落としができなかったからといってすぐに保険の契約が無効になってしまうわけではありません。

万一、月払い保険料の引き落としができなかった場合は、翌月末日まで払込猶予期間があるので、まずはその間に払えるのであれば問題ありません。

もし払込猶予期間内に払うことができない場合でも、解約払戻金がある保険に加入しているなら、その金額の範囲内で保険会社が保険料を立替、契約を続ける「自動振替貸付」という制度もあります。保険料の支払いが一時的に厳しい場合も保険を継続することができるので、慌てなくても大丈夫です。

ただし、自動振替貸付が受けられず、払込猶予期間を過ぎて保険料の支払いができなくなってしまうと、その保険は失効となりこの時点で保険の効力はなくなります。

ただ、失効状態は解約ではないので、一定期間内なら復活手続きをすることで契約を元に戻せます(保険の種類などによって異なる)。

改めて告知や診査が必要であったり、失効期間中の保険料などを払うことが条件ですので、支払いが苦しくて失効した場合には、復活させるのは現実的に難しいかもしれません。

解約の前に考えられる回避策はある?

また、この先もずっと保険料を支払っていく自信がないというなら、解約をする前に、今加入している保険の保障を減らすことで、保険料負担を軽くできないかを考えてみましょう。

解約払戻金がある保険の場合、その解約払戻金を元手に保障を買うことができます。終身保険を定期保険に変えて死亡保障を確保する方法が「延長保険」。同じ種類の保険で保障額を小さくするのが「払済保険」です。どちらも以後の保険料負担はなくなります。

解約払戻金の額にもよりますが、延長保険の場合には保障期間が短くなってしまう、払済保険は保障額が小さくなってしまうというデメリットがあります。

また、これらの変更をすることにより不足する保障を別の保険でカバーする方法を考えなければならないでしょう。特に払済保険は保障額が低くなるので、すぐにでも不足分の保障の確保が必要ですが、保障を0にしないで済むという意味では知っておいて損はないでしょう。

保険を解約する場合は、何に注意したらいいの?

上記のような方法が取れない場合や、他の保険に加入するために解約したいという場合は、解約の時期を考えて保障が途切れないように気をつけましょう。

新たに別の保険に入りなおす場合には、新しい保険を契約し保障が開始されたことを最初に確認してから今までの保険の解約手続きを行います。

解約の手続きは、加入している保険会社に必要な書類を請求し、届いた書類に必要事項を記入した上で、保険証券など提出書類とともに返送すれば解約することができます。

まとめると、

  • 支払いが厳しいからと慌てて解約するのではなく、一定期間は払込猶予があることと、失効しても復活できることを覚えておこう
  • 解約する場合は、保障が途切れないように注意する

保障の開始時期は保険商品によっても違います。加入の際は、しっかり確認しておきましょう。特にがん保険などでは契約してから保障が開始されるまで90日程度の待ち期間があります。保障が開始されるまで保険は解約せずに待つことがポイントです。

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る