【選び方】いろいろある保険、どうやって選んだらいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ひとくちに保険といっても、生命保険や損害保険、死亡保障の保険や医療保険など、種類がいろいろあり、わかりにくいかもしれません。まず、保険にはどんな種類があるかを押さえておきましょう。そのうえで、何に備えたいかをはっきりさせれば、自分に必要な保険を選ぶことができます。

 

保険を備えたい目的で分ける

保険にはたくさんの種類があってわかりにくいのですが、最も基本的なものは、生命保険と損害保険、そしてそれ以外の保険に分ける方法です。

・第一分野の保険/生命保険
生命や傷病にかかわる人に対する保障を目的とする保険で、契約により、死亡などで保険金が支払われます。生命保険はさらに定期保険、養老保険、終身保険の3種類に分けられます。また、学資保険や個人年金保険なども含まれます。

・第二分野の保険/損害保険
損害保険はモノに関する保険です。損害保険には、住まいを対象とした火災保険、自動車を対象とした自動車保険などがあります。火事や水害、自動車事故など偶然の事故で損害をこうむった時に保険金が支払われます。

ちなみに、生命保険でも損害保険でもないのが「第三分野の保険」と呼ばれるもの。医療保険やがん保険、介護保険などがこれにあたります。これらは生命保険会社が扱っているケースが多くなっています。

・第三分野の保険/医療保険・がん保険・介護保険など
病気・ケガに備えるなら医療保険。がんに備えるならがん保険。将来の要介護状態に備えるなら、介護保険への加入を検討しましょう。

死亡時に備える保険と、生きていくために必要な保険

まずは、万一の時、つまり死亡時に備えるために死亡保障を主な保障とする保険と生きていくためのサポートの役割をもつ保険で考えてみましょう。

まず、生命保険のように死亡保障が主となる保険は、扶養家族がいる方が亡くなった時に、残された家族が経済的に困らないようにするのが目的です。基本的に扶養家族がいる方に必要な保険といえます。

次に、生きていくためのサポートの役割をもつ保険、つまり第三分野の保険のなかで代表的なものを3種類ご紹介します。

医療保険は、病気やケガで入院したり、手術を受けたりした時に給付金が受け取れます。病気やケガの可能性は年齢や性別を問わないので、医療保険は誰にでも必要な保険といえるでしょう。

がん保険は、がんと診断された時や、がんで入院したり手術を受けたりした時に給付金が受け取れる保険です。がんになった時、お金の心配をせずに治療に専念したい人は、医療保険の他にがん保険にも加入するとよいでしょう。

介護保険は、所定の要介護状態になりその状態が一定期間継続した時、一時金や年金が受け取れる保険です。

死亡保障の保険が万が一の時のための保険であるのに対して、医療保険、がん保険、介護保険などは、生きていくために必要な保険と位置づけられるようです。

目的に合わせて保険を選ぶ

いろいろあってわかりにくい保険も、このように分類してみると理解しやすいのではないでしょうか。

まとめると、

  • 保険は生命保険、損害保険とその他の3種類に分類される
  • どんな保険が必要かは何に備えたいかによって決まる

このように、保険は必要性に合わせて選ぶことが必要です。各社の商品を比較して自分に合ったものを探すのが次のステップになるでしょう。

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る