介護保険の内容と仕組みとは?知っておきたい基礎知識!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

介護保険は、どのような内容の保険なのでしょうか。

40歳になれば誰でも加入する介護保険。この機会に、介護保険の仕組みをおさらいしてみましょう。 

1.介護保険の基礎

介護保険制度とは、介護が必要になった高齢者やその家族を社会全体で支えるための仕組みです。介護が必要になるリスクは誰にでもあるため、このリスクを皆で負担しあい、万が一の時に保障が受けられるようにするものです。

2.被保険者の分類

介護保険制度は、年齢によって被保険者が以下の通りに区分されます。

  • 第1号被保険者:65歳以上の方
  • 第2号被保険者:40歳以上〜64歳以下の方

65歳以上になると、介護が必要と認定された場合は介護サービスを受けられるようになります。40歳から64歳までの間は対象となる特定疾病により介護が必要と認定された場合のみ、介護サービスを受けることができます。

3.保険料について

介護保険制度は、40歳以上の人が支払う保険料と、国の税金を財源に運営されています。

払い込む保険料は第1号被保険者と第2号被保険者によって異なります。

3-1.第1号被保険者の場合

自分が住んでいる市町村が保険者となり、条例により3年に1度保険料を定めます。低所得の人からは低い保険料を、高所得の人からは高い保険料を徴収するという原則に則り、被保険者を所得ごとに原則として6段階に分類し保険料を決めています。市町村によっては、所得ごとの分類がさらに細かくなることもあります。

3-2.第2号被保険者の場合

第2号被保険者の保険料の算定方法は、厚生労働省が全国の第2号被保険者の介護保険料の平均を算出し、一人あたりの負担額を決定します。

介護保険料は、健康保険料に上乗せする形で支払うことになります。

国民健康保険に加入している場合は、それぞれ運営する市町村により計算の仕方が異なります。所得割や世帯人員、資産割を導入する市町村もあります。

4.受けられる介護サービスについて

では、介護保険で利用できるサービスには、どのようなものがあるのでしょうか?

  • 要介護15と認定された場合に利用できるサービス
  • 要支援12と認定された場合に利用できるサービス

2つがあり、次のようなサービスを受けることができます。

図1

(出典:厚生労働省 介護事業所・生活関連情報検索「公表されている介護サービスについて」より抜粋http://www.kaigokensaku.jp/publish/

住み慣れた地域で、多様で柔軟な介護サービスを提供するための仕組みの「地域密着型サービス」もあり、該当する事業所や施設がある市町村に居住の方が対象となっています。住んでいる市町村でどのようなサービスを提供しているのかを調べてみるといいでしょう。

5.まとめ

介護保険の仕組みについてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

今は介護と無関係でも、いつかひょっとしたら介護サービスの利用が必要になるかもしれません。

突然、介護が必要になった際に戸惑わないためにも、介護保険のおおよその仕組みを知っておくことができれば安心でしょう。また、日頃から、自分の地域にはどのような介護サービス事業者が存在し、どのようなサービスを提供しているのかを知っておくことも大切です。ぜひ一度ご家族で調べてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る