【医療保険】持病があっても入れる医療保険ってどんな保険?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近では、持病があっても入れる医療保険が発売されています。一般的には引受緩和型医療保険と呼ばれていますが、病気や、手術をしたことがあった人でも一定の条件を満たしていれば加入することができます。今回は、持病があっても入れる医療保険についてまとめてみました。

 

引受緩和型医療保険とは?

持病があっても入れる保険は、「引受緩和型医療保険」のほかに、「限定告知型」「無選択型」「無告知型」などがあります。

保険の種類は、医療保険やがん保険、生命保険などさまざま。引受緩和型医療保険が注目されるようになった背景には、高齢になってからも医療保険に加入したいと希望する人が増えてきたことがあるようです。また、一度病気を経験して、保障の少なさを感じ、加入を考える人も多いようです。今まで持病があって保険を諦めてきた人にも興味を持たれています。

一方で、保険は加入者の公平性を維持しなければなりません。そのため引受緩和型医療保険の場合は、加入の条件自体が、持病があることが前提なので、保険料が割高など、支払い条件が厳しいことがあります。

引受緩和型医療保険を検討する前に考えたいこと

引受緩和型医療保険を検討する前に振り返っておきたいチェックポイントは、2点あります。

1)普通の医療保険を検討する

引受緩和型医療保険は、普通の医療保険と比べると保険料が割高になること、支払い条件が厳しいことがあります。持病があるからといって、普通の医療保険に加入できる可能性がないわけではありません。まずは、普通の保険を検討してみましょう。

普通の医療保険でも、病気の種類によっては加入できる場合もあります。しかし、加入を希望する際は、今の病気について詳しく告知しなければなりません。病気の原因が慢性的なものか突発的なものか、薬の種類、数値、手術名など、告知書を見ただけで保険会社が判断できる理由を書く必要があります。また、健康診断書や完治している場合、医師に書いてもらった診断書などの証明書を提出するケースもあります。

2)見直しは慎重に

健康な時から加入している医療保険があれば、安易に解約せずに保障内容を確認し、保障を厚くしたいところだけ、保険に加入するほうが良い場合もあります。

まとめると、

  • 引受緩和型医療保険は、保険の公平性の観点から、保険料が通常より割高で、支払い条件が厳しいことがある
  • 持病があっても普通の医療保険に加入できる場合もあるので、引受緩和型医療保険だけにこだわらなくてもよい

持病があるからこそ、治療に対する保障を厚くしたいという希望を持つ人は少なくないでしょう。持病があっても普通の保険に加入できることもあります。判断が難しい場合は、一人で悩まずに専門家に相談してみましょう。

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る