【医療保険】医療保険の「契約者」「被保険者」「給付金(保険金)受取人」の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

保険を検討していると「契約者」「被保険者」「給付金(保険金)受取人」という言葉を頻繁に目にしますが、正しく理解できていない人も多いのではないでしょうか。今回は、保険のパンフレットや約款などで見る「契約者」「被保険者」「給付金(保険金)受取人」の違いやその関係についてご説明します。

 

保険契約者・被保険者・受取人の定義

保険の契約をするためには、どの保険にも必ず「保険契約者」「被保険者」「給付金(保険金)受取人」が登場します。それぞれの言葉と特徴をご説明しましょう。

■保険契約者
保険契約者とは、保険会社と契約を結ぶ人のことです。契約によって、権利(契約内容変更などの請求権)と義務(保険料を支払う義務)があります。

例えば、保険契約者は医療保険に加入した後に保険会社の同意を得て、入院給付金保障を日額1万円から5千円に減らしたり、保険料の支払方法を月払いから年払いに変更したりすることができます。契約の途中で契約者を変えることも可能です。 

■被保険者
被保険者とは、医療保険の保障の対象になる人のことです。医療保険の契約では、被保険者が病気やケガで入院や手術をすると入院給付金や手術給付金を支払います。

保険加入後、契約者や受取人は途中で変えることもできますが、被保険者は変えることができません。

■給付金(保険金)受取人
病気やケガで入院や手術をすると、保険会社から支払われる給付金(保険金)を受け取る人のことです。

給付金を受け取る場合は、保険契約者・被保険者・受取人などが保険会社に給付金の請求手続きする必要があります。

保険契約者・被保険者・受取人の関係

医療保険の契約は、保険契約者が被保険者や給付金(保険金)受取人を誰にするか決めます。医療保険の場合、全て同一人物の場合もあれば、契約者と被保険者が異なる場合もあります。

■医療保険の組み合わせ例

  • 契約者(本人)/被保険者(本人)/給付金(保険金)受取人(本人)
  • 契約者(本人)/被保険者(配偶者や子)/給付金(保険金)受取人(配偶者や子)

医療保険の場合、単身者は契約者自身のために加入するため、被保険者=受取人というケースが多いですが、家族がいる人は配偶者や子どものために加入することもあります。その場合、契約者は夫で被保険者と給付金受取人は配偶者ということもあります。

収入のない人が契約者となる時、保険料を払う人は?

収入がない人が契約をする場合は保険料負担者と呼ばれる収入のある人、例えば専業主婦であればその夫が、保険料を負担します。保険契約者には、保険料を支払う義務があるので、基本的には契約者=保険料負担者となりますが、上記のような場合はイコールでなくなることもあります。

しかし、保険契約にとって、保険契約者が被保険者や受取人を決めることは、生命保険料控除や医療費控除、給付金(保険金)受取時の課税などに大きく影響を及ぼすため、よく考えて決める必要があります。

保険契約者・被保険者・受取人を理解して保険を検討しよう

まとめると、

  • 医療保険のパンフレットを読むために契約者・被保険者・給付金(保険金)受取人の意味を覚えよう
  • 医療保険の契約は、契約者・被保険者・給付金(保険金)受取人=契約者自身となることが多い
  • 保険契約者と保険料負担者が異なることもある

「契約者」「被保険者」「給付金(保険金)受取人」の違いは、おわかりいただけたでしょうか? 保険のパンフレットや資料を読んでいて、分からない言葉があった時は、保険代理店や保険ショップで尋ねてみるとわかりやすくなるのではないでしょうか。

kotoru / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る