【医療保険】医療保険の加入&見直しのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

医療保険は、加入したら終わりではなく、加入後も必要な保障を随時見直していく必要があります。見直しのポイントとはどんなところなのでしょうか。

 

 

医療保険と生命保険どっちに加入するべき?

万一の時の備えになる保険。20代で初めて保険に入る際は、生命保険と医療保険のどちらに入るか悩む人もいるのではないでしょうか。

生命保険は、一般的に死亡保険と呼ばれています。基本的に被保険者が死亡した場合に保険金が支払われます。一方、医療保険は、被保険者のケガや病気の治療費に備えるための保険です。

選び方のひとつとしては、一般的に残すべきお金が必要な場合は、死亡保険を選ぶとよいという傾向があります。入院やケガが心配という場合は、医療保険に入っておくのが安心といえるのではないでしょうか。

医療保険に早めに加入するほうが良い理由

医療保険に加入することをおすすめする理由は、配偶者や子どもの有無に関わらず、どの年代でも病気になったり、ケガをする可能性があるためです。

とはいえ、20代のうちは、まだ病気で入院するということは考えにくいかも知れません。そのため、「30代や40代になってから入ればいいや」と考える方もいるでしょう。しかし、年代が上がるにつれて、保険料は高くなる傾向にあります。病気になるリスクが高くなるため、保険料が上がるのです。30代以降に保険に加入しようとする場合のデメリットは、健康状態によりますが、一般的に20代で加入するより、保険料が割高になる場合も。
保険料が割安なうちに、加入時の保険料が一生涯変わらない保険に加入した場合は、高齢になった場合でも月々の保険料の負担を抑えることができるなどのメリットもあります。

保険には見直しが必要 見直すタイミングは?

保険は、加入したから安心というものではありません。結婚して家族が増えるなど、環境が変わると、必要な保障も変わってくるはずです。それに合わせて、見直し、今必要な保障がきちんと備えられているかどうかをチェックしましょう。

見直しの際は、保険商品の比較だけでなく、保険金の支払い条件などが詳しく書かれた約款をチェックしましょう。相談せずに加入して、万一の時に保険金が支払われなかったということを避けるためにも、保険ショップなどで内容を確認しておくと安心です。もちろん、見直しの相談にも応じてくれます。

見直しのポイントは大きく3点あります。

1)必要な保障はなにか?
見直しの相談に行く前に、必要な保障とあればなおよい保障を把握しておきましょう。

2)見直しで、保険料が減っても保障は薄くなっていないか?
保険料の支払いが減るのは家計にとって重要ですが、その分必要な保障が受けられなくなるのは問題です。見直しで減らしてもよい保障を検討しましょう。

3)本当にその見直しは必要か?
見直しの検討をしたものの、現在加入中の保険内容のほうが良かったということも多いようです。納得する結果が得られない場合は、無理に見直す必要はないかもしれません。

まとめると

  • 健康状態にもよるが、若いうちに医療保険に入ると一般的に保険料がお手軽なことが多い
  • 加入しても、保障内容など、現状に合わせて見直す必要がある
  • 見直しの際には、事前に必要な保障とあればなおよい保障を考えておく

保険に加入したら、定期的な保険を見直しましょう。どんな保障が自分に必要なのか、どんなところを見直せばいいのか、わからないことは、近くの保険ショップで相談してみましょう。

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る