【介護保険】介護保険被保険者証を使って介護保険を利用する手順は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

公的介護保険のサービスを利用するためには、要介護認定の申請を行い、要介護・要支援の認定を受ける必要があります。65歳以上になると送られてくる介護保険被保険者証
や、介護保険利用の第一歩となる要介護認定の申請の手順についてご紹介しましょう。

 

介護保険被保険者証は65歳になると送られてくるもの

介護保険被保険者証は、市区町村から65歳になった人に送られてきます。要介護の認定申請の際に提出して、要支援・要介護の認定を受けると、認定結果通知書と認定された要介護区分(要支援1・2、要介護1~5)が記載された被保険者証が交付されます。

特定の病気で介護を必要としている40歳~64歳の人(第2号被保険者)の場合は、認定申請を行って認定を受けると、認定結果通知書と認定された要介護区分(要支援1・2、要介護1~5)が記載された被保険者証が交付されます。

要介護認定の流れ

公的介護保険のサービスは、原則として65歳以上の要支援(第1号被保険者)が利用できます。また、40歳~64歳の医療保険加入者(第2号被保険者)で、特定疾病により要介護・要支援状態の人も利用することができます。

介護が必要だと思ったら、まず市区町村の窓口に要支援・要介護であるという認定を受けるための申請書を提出します。申請書を提出後、調査員が自宅にやってきて聞き取り調査を行います。その結果と主治医の意見書をもとに、自立・要支援1、2、要介護1~5のいずれかに判定され、要支援・要介護と認定された人が公的介護サービスを利用するという流れになっています。

公的介護サービスを利用する最初のステップが、申請書の提出となります。

要介護認定の申請書について

要介護認定の申請書は、市区町村の介護保険担当の窓口や地域包括支援センターなどで受け取れるほか、市区町村のホームページからダウンロードできるケースもあります。申請書の書式は市区町村によって異なりますが、記入する内容は共通で、以下のような事項となっています。

  • 申請日
  • 申請者情報:住所、氏名、電話番号
  • 被保険者情報 :被保険者番号、住所、氏名、年齢、生年月日、電話番号
  • 主治医の名前、病院の名前、病院の住所、電話番号
  • 入院の有無(有:病院名と入院期間)
  • 調査の伺い希望先
  • 調査の希望日程
  • 調査当日の同席者について
  • その他、調査に関して事前に伝えておきたいこと(自由記入)

特定の病気で介護を必要としている40歳~64歳の人(第2号被保険者)の場合は、上記以外にも申請書に特定疾病名、医療保険者名、医療保険被保険者の記号・番号を記載し申請します。

要介護認定の申請書は、本人または家族が市区町村の介護保険の担当窓口に提出します。本人や家族が申請できない場合は、地域包括支援センター、居宅介護事業者、介護保険施設などに申請を代行してもらうことができます。申請書の提出の際には、本人の介護保険被保険者証も必要です。

公的介護保険制度を活用して介護サービスを上手に利用しよう

まとめると

  • 介護保険被保険者証は、市区町村から65歳になった人に送られてくる
  • 公的介護保険のサービスは、65歳以上の要支援あるいは要介護と認定された人が利用可能
  • サービスを受けるためには、市区町村の介護保険窓口で要介護申請を行うこと
  • 要介護の認定申請には介護保険被保険者証が必要となる

65歳になって介護保険被保険者証を受け取ってもすぐに使うわけではありませんが、介護保険申請の時や、介護サービスを受ける時に必要です。いざという時に困らないように、きちんと保管しておきましょう。

saki / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る