【医療保険】終身と定期のどちらを選ぶ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

医療保険には、終身タイプと定期タイプがあります。終身タイプとは、加入した人が、死ぬまで保障されるもの、定期タイプとは、定められた年齢まで保障されるものです。死ぬまで保障される終身タイプは安心ですが、定期タイプも人気があるのには理由があります。どちらがあなたに合っているのか、メリットとデメリットをおさらいしましょう。

終身タイプのメリットとデメリット

終身タイプは、一生涯保障が続きます。保険料の払い込み期間は、終身払い(保険契約が続く限り支払う=一生涯)と60歳までなど一定の年齢まで支払うタイプと10年や20年といった一定期間に支払うタイプがあります。保障内容が同じであれば、保険料支払い期間が短い支払いは月々の保険料は高くなりますが、年金生活になった時に支払わなくてもよいという支払い上のメリットがあります。

保障が一生続く終身タイプの医療保険ですが、デメリットもあります。契約した時と万一の時の医療保険のトレンドが変わり、保障が十分に受けられないことがあります。

定期タイプのメリットとデメリット

定期タイプは、保障期間が決まっています。期間の定め方に2つのタイプがあり、一定年齢まで保障されるタイプと10年や20年ごとに更新してある一定の年齢になったら、保障が終わるタイプがあります。

一定の年齢まで保障されるタイプは、加入時から契約で定められた年齢の契約応当日の前日までが保障期間です。メリットは、保障期間を選べます。保障は60歳まででよいと考える人と70歳か80歳まででよいと考える人など、加入者の考えで保障期間を選ぶことができます。また、終身タイプと比べて保障期間が短いため、支払い保険料がお手軽です。保険が更新されることもないので、加入期間中に月々の保険料が上がることもありませんし、見直しに柔軟に対応することができるのも魅力です。デメリットは、保障期間末になって、新たに医療保険に加入したくても年齢や病歴の問題で、加入できる保険がない可能性があります。

10年や20年ごとに保障が終わるタイプは、加入時に契約で定められた期間が保障期間です。更新する場合は、当初の設定と同じ期間の更新になり、保険会社が定めた年齢の上限まで更新が可能で、月々支払う保険料は、更新時の条件で決まります。メリットは、更新時に告知書などによる新たな診査の必要がないので、途中で病気になっても加入し続けることができます。このタイプも終身タイプに比べて、保障期間が短い分、保険料はお手軽です。また、保険の見直しに柔軟に対応することができます。デメリットは、更新のたびに保険料が変わるため、将来いくら支払うことになるのか分かりません。また、保障期間末になって、新たに医療保険に加入したくても年齢や病歴の問題で、加入できる保険がない可能性があります。

保障の継続期間が決め手に

まとめると、

・終身タイプは、一生涯保障が続くが、保障内容が変化する可能性がある

・定期タイプは、終身タイプより、保障期間が短い分、保険料はお手軽。期間が決まっている分、見直しに柔軟に対応できる

現在の医療保険は終身タイプが主流ですが、どちらも一長一短。メリット、デメリットを考えて、保障内容と保険料とあなたの収入、年齢、家族構成などをみてあなたにあった医療保険を選びましょう。

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る