独身でも生命保険に加入すべき?保険を選ぶときの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚したら生命保険に加入するべき、とはよく聞く話かと思います。では、独身時代には生命保険とどのように向き合えばいいのでしょうか。

今回は、独身の方の生命保険の検討のポイントを考えてみたいと思います。

1.誰のため、何のための保険かを明確に

独身の場合でも、自分が加入する保険は誰のため、何のための保険かということを念頭に置いて保険選びをしましょう。配偶者や子どもがいない場合、自分が死んだ時にお金を残したい相手は父母となりますが、扶養していない父母のために3,0005,000万円もの保険金を用意するのは一般的には高額すぎるでしょう。子どもが独立した後は、父母は自分たちの老後資金を用意するだけで良いと言えますし、老後資金についても子どもを頼らず、自分たちで一定程度用意している可能性が高いでしょう。

余分な保険料を払い続けないためにも、独身者が保険に加入するタイミングでは、保障額について父母に相談、報告することはしておきましょう。自分が死んだ後にも葬式費用や引っ越し代などの身辺整理費用、一定の金銭的負担はあります。特に葬式費用は、まとまったお金が出て行くものなので、葬式費用、身辺整理費用の金額が保障される保険に入っていれば安心と言えるでしょう。

一方、高度障害状態になった場合、自分が障害を抱えながら生きていく状態であれば必ず誰かのお世話になることとなります。また働けなくなる可能性も高いので、自分の生活費や医療費を確保しなくてはなりません。このことも踏まえて、総合的に考えてみると良いでしょう。

2.医療保険の検討

独身者が一人で生きていく上で医療保障も大切です。自分が病気やケガで入院した時など、支えてくれる家族がいない状況では、入院時の出費や自宅療養時の出費がかさみがちです。医療保険の他、かかる可能性の高いがん保険についても検討するといいでしょう。

また、結婚してから保険を変えると、それまで支払っていた保険料の一部が無駄になってしまう可能性もあるので、将来的なリスクを考えて長期にわたって加入しても負担の少ない保険料と、自分一人分の保障とのバランスを重視して選ぶようにしましょう。

3.結婚を考えている場合

近いうちに結婚する予定がある方は、結婚前に急いで保険に入ろうとする方もいらっしゃるかと思います。しかし、結婚が迫っているのなら、焦って保険を決めるより、将来のパートナーと、子どもは欲しいか、欲しい場合何人欲しいかなどライフプランをよく話し合ってからじっくり保険を選ぶことをおすすめします。一度入った保険の変更は、一定期間以上開けないとできないことがあるからです。また、実際に結婚してみて、想定より子どもの数が増えたなど、ライフプランの変更があった場合は保険の見直しを欠かさないようにしましょう。

4.まとめ

今回は、独身の方の保険の加入を検討する際のポイントについて考えていきました。独身だからと言って、保険に何も入らなければ、万が一の状態に陥った場合の出費で今までの貯蓄がなくなってしまう可能性があります。

独身だからこそ必要な保障もあります。保障額は多くなくても、自分にとって後悔のないよう、保険を選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る