【死亡保険】定期保険の機能を充実させる特約を上手に活用しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生命保険はメインの保障(主契約)に加えて、「特約」という形で他の保障も追加で加入することができます。

たとえば、ひとつの保険で死亡も医療も保障できるわけです。

そんな特約の活用法を見てみましょう。

保険契約には主契約と特約の2種類の契約がある

生命保険で確保できる保障は、大きく分類すると死亡保障、医療保障、老後保障、介護保障の4つがあります。それぞれのリスクに備える保険が用意されていますが、実はひとつの保険で複数の保障を確保することも可能なのです。

保険商品は、メインの保障となる「主契約」を柱として、それに付加する形で保障の充実を図れる「特約」が用意されているものが一般的です。

たとえば死亡保障の保険の場合、万一の時に死亡保険金を受け取ることができる保障が

主契約となります。

その保険に、病気やケガで入院したときに入院給付金が受け取れる保障も付け加えたいと思っている人は、医療特約というものを主契約に付加することにより、ひとつの保険で死亡にも医療にも備えることができるのです。

メインの保障となる主契約は変えることができません。しかし、特約は選択肢の中から自由に選んでつけることができます。どのような特約をつけるかによって自分にとって必要な保障が得られる保険に作りあげることができるのです。

死亡保障の保険である終身保険と、定期保険がセットになった商品は、一生涯保障される終身保険に、定期保険特約が付加されています。どちらも死亡リスクに備える保障なので区別しづらいかも知れませんが、一生涯の死亡保障が主契約、一定期間だけ掛け捨てで大型の死亡保障が得られる定期保険が特約となっているのです。

主な特約の種類を知って、保障の充実を図ろう

主契約につけられる特約の種類は、各保険会社、各商品によってさまざまです。死亡を保障する特約と病気やケガ、介護を保障する特約に大きく分けられます。

死亡を保障する特約は、定期保険特約や収入保障特約などが代表的です。

その他、不慮の事故、所定の感染症で死亡、高度障害になった場合に保険金が受け取れる災害割増特約などもあります。

医療・介護関連の特約は、

  • 病気で入院や手術をした時に給付金が受け取れる疾病入院特約
  • ケガで入院や手術をした時に給付金が受け取れる災害入院特約

その他に、

  • がんで入院した時に給付金が受け取れるがん特約
  • 女性疾病で入院したときに給付金が受け取れる女性疾病特約

など、特定の疾病の際、入院などに備えられる特約もあります。

さらに、

  • 特定疾病で所定の状態になった時や死亡した時などに保険金が受け取れる特約
  • 余命6ヵ月以内と判断された時に、死亡保険金の全部または一部が受け取れるリビングニーズ特約
  • 先進医療を受けた時に給付金が受け取れる先進医療特約
  • 要介護状態になった時に一時金や年金がもらえる介護特約

など、さまざまなリスクに対応する特約があります。

保障を1つにまとめるか、別々に契約するのかを見極めよう

どの保険にどんな特約がつけられるのかは、各保険会社によって異なりますので、商品を選ぶときには主契約の保障はもちろんのこと必要な特約がつけられるかどうかもきちんと調べて決めることが大切です。

また、女性向け保険のように、あらかじめ女性疾病特約などがセットされた保険もあるので、その場合は不要な特約があらかじめセットされていないかなどもチェックしたほうがいいでしょう。

まとめると、

  • ひとつの保険で死亡も医療も保障できる
  • 特約の種類を知っておくと保障の充実を図りやすい

必要な保障をひとつの保険に特約としてセットすることで、幅広いリスクに備えることも可能です。ひとつの保険で必要な保障を広くカバーするメリットは、保険の管理がラクな点です。ただし、保険を見直す際にはかなり注意が必要です。主契約の保障を見直す上で、保険を解約したほうがいいと判断した場合、それに付随する特約のすべての保障を新たに見直さなければならなくなります。

主契約自体を見直す必要が出た場合、本来見直す必要がなかったほかの特約の保障にも影響が出ることもあります。特約での保障を得るか他の保険でカバーするか、保障の内容に応じて選択するようにしましょう。

よっしー / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る