介護保険の被保険者って誰が該当するの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

公的介護保険の被保険者には、誰が該当するのでしょうか。なんとなく、40歳になれば誰でも強制加入するもの、というような認識の方も多いのではないでしょうか。実は、一概に被保険者と言っても、細かい決まりがあるのです。今回は公的介護保険の被保険者について、詳しく見ていきましょう。

1. 第1号被保険者と第2号被保険者

公的介護保険の被保険者は、大きく分けて第1号被保険者と第2号被保険者に分かれます。

  • 第1号被保険者

市区町村に居住する40歳以下65歳未満の人で、医療保険(健康保険組合等)に加入している本人及び家族

  • 第2号被保険者

市区町村に居住する65歳以上の人

上記に該当する人は、40歳になれば公的介護保険料を支払う義務があります。

第2号被保険者であれば、要介護(支援)状態と認定を受けたら、原因になった病気が何であっても介護保険の支給を受けられますが、第1号被保険者は、要介護(支援)状態と認定を受けても、国が定めた特定疾病16種が、その原因に該当しなければ支給はされません。 

2. 介護保険の特定被保険者とは?

 30代前半なのに、介護保険料が給与天引きされていた」という方もいらっしゃるかもしれません。実は介護保険の被保険者には、第1号被保険者、第2号被保険者の他に、特定被保険者も設けられています。これは、ご自身が40歳以下65歳未満であっても、第2号被保険者をご自身の被扶養者としている場合などにおいては、特定被保険者として介護保険料を負担することになるのです。

特定被保険者制度を設けている健康保険組合と、そうでない健康保険組合があります。特定被保険者制度がある場合のみの話ですが、念のため、どのような方が該当するのか見ておきましょう。

 一般的には、以下の項目に該当する人が特定被保険者になります。

  • 被保険者は海外に在住している(国内非居住者)が、国内に介護保険第2号被保険者たる被扶養者がいる場合
  • 被保険者は40歳未満である(介護保険非該当)が、被扶養者に介護保険第2号被保険者がいる場合
  • 被保険者は65歳以上であるが、被扶養者に介護保険第2号被保険者がいる場合

健康保険組合によって特定被保険者の対象の定義が異なることもあるので、詳しくはご自分が加入している健康保険組合に問い合わせてみるといいでしょう。

3. 公的介護保険の被保険者に該当しない場合

 40歳以上であっても、以下に当てはまるなら、公的介護保険の被保険者に該当しない場合があります。

  • 国外居住者である場合
  • 身体障がい者療養施設等入居者である場合
  • 日本在留資格3ヶ月未満の外国人である場合

(出典:日本年金機構HP「介護保健第2号被保険者に該当したとき、該当しなくなったとき」よりhttp://www.nenkin.go.jp/service/kounen/kenpo-todoke/sonota/20120314-04.html

 こちらについても、例外もあるため、詳細は加入している健康保険組合に問い合わせるようにしてください。

まとめ

 今回は、公的介護保険の被保険者について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。加入の健康保険組合によっては、40歳未満なのに介護保険の保険料を支払う場合があったり、介護保険の対象外となってしまう場合があります。今一度、自分がどのような保障を受けられる立場にあるのか、整理してみるのもいいのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る