所得保障保険とは?加入するメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

所得保障保険、という名称を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。働けなくなった時の収入の保障、というように捉えられている方が多いと思います。しかし、詳細についてご存じない方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は所得保障保険のメリット、デメリット、どのような方が加入すべきかなどをまとめてお伝えします。 

1.所得保障保険とはどのような保険か

所得保障保険とは、会社員や自営業者の方が病気やケガで働けなくなった場合の収入減を補う保険で、主に損害保険会社や、一般の生命保険会社で販売しています。

所得保障保険、または就業不能保険という名目で販売している会社もあります。本人が働ける状態にまで回復した場合、給付は止まります。

保険の種類により様々ですが、所得保障保険は、働けなくなる前の税込み収入の○%程度、というようにの所定の範囲内で保険金額を設定することができます。 

2.所得保障保険のメリット

例えば、医療保険は、病気やケガで入院した場合、その治療費を補てんする目的の保険ですが、所得保障保険は、病気やケガで働けなくなった場合、収入の減少を補てんし、その間の生活費用に困らない様にするための保険と言えます。また、医療保険の通院保障の給付には細かい条件に該当する必要があります。所得保障保険は、入院せず自宅療養になった場合にも給付されるため、万が一の場合に幅広く対応することができます。

働けない間の生活費はこれまでの貯蓄から切り崩すことになりますが、その期間がいつまで続くか不明のため、貯蓄額に不安がある方は、より手厚い給付保障の所得保障保険に加入していると安心でしょう。

3.所得保障保険のデメリット

長期で就業できなくなる原因の多くに、うつ病などの精神疾患が挙げられますが、所得保障保険の中には、精神疾患が原因で就業できない場合、支給要件対象外となっている保険が多くあります。

病気やケガもそうですが、精神疾患もいつ自分がかかるか分からないものです。契約するだけで安心するのではなく、保障内容、給付条件についても押さえておきましょう。

4.どんな人が加入すべきか

会社員や公務員、自営業など様々な労働形態がありますが、一体どのような方が所得保障保険に加入すると良いのでしょか。会社員や公務員は、就業先の企業の制度によりますが、働けなくなっても一定の期間は有休消化や、会社の健康保険から支給される傷病手当金などがありますが、長期の入院の場合、傷病手当金の給付期間が切れることも考え、やはり所得保障保険へ加入している方が安全でしょう。

また、傷病手当金の給付が無い国民健康保険に加入している自営業の方の場合は、自分が働けなくなったその日から収入がなくなることになります。

以上のことから、家族を金銭的に養う必要のある方が多く加入しています。加入を考える際には、もし自分が働けなくなった場合、会社や家族にどのような影響が出るのかをよく考える必要があります。

まとめ 

所得保障保険は、働けなくなった時の生活費を補填する保障です。保障期間の長短、給付金支給の要件を比較し、自分に最適な保険を探すことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る