終身保険とは?特徴など加入検討時に知っておくべき3つの知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚・出産・マイホームの購入と人生の大きなイベントがあった際に、自分やパートナーに万が一のことがあった場合の備えとして、加入が検討される終身保険。

ご自身に合った保険選びをするためには、加入前に終身保険についてきちんと理解しておくことが重要です。

そこで今回は、終身保険の仕組みと特徴など、終身保険の加入検討時に知っておきたいことを紹介します。

1.終身保険とは?

終身保険は、被保険者が死亡した場合に、保険金受取人とされた遺族が保険金を受け取れるものです。

同じく生命保険である定期保険との違いは、定期保険が設定した期間(例:60歳まで、や加入から10年間、など)に死亡した場合に保障されるのに対して、終身保険の保障期間は一生涯である点にあります。

つまり、解約をしない限り、被保険者が亡くなった場合に保険金が支払われるのです。

2.終身保険の特徴

次は、終身保険の特徴について説明していきます。主な特徴としては以下の通りです。

2-1.被保険者が死亡した際に葬儀の費用やその後の生活費・子どもの養育費が補てんできる

終身保険の特徴として、被保険者が死亡した際に葬儀の費用やその後の生活費・子どもの養育費の補てんになるという点が挙げられます。

一家の大黒柱に万が一のことがあった場合、その後の生活費や子どもの養育費を払えない状況になるご家庭もあるでしょう。終身保険に加入しておくことで、被保険者に万が一のことがあった後の生活に備えることができるのです。

また、終身保険に加入しておくことで、葬儀費用など死亡時の出費にも備えることができます。

2-2.所得税・住民税の負担を軽減する効果がある

今回説明する終身保険の最後の特徴として、所得税・住民税の負担を軽減する効果があります。

そもそも、終身保険などの生命保険には生命保険料控除という制度があります。

生命保険料控除により、生命保険料を支払うことで、一定の金額がその年の所得から差し引かれ、所得税や住民税の負担が軽減されることになります。

3.加入後のメンテナンス

終身保険加入後も、メンテナンスは重要です。

例えば加入後収入が減り、保険料を払うことが厳しくなった場合、全て解約するのではなく一部解約をすることで月々の保険料を抑えることができます。

さらに、同じ生命保険で、保険料が比較的手軽な定期保険と組み合わせる方法もあります。これにより、十分な保障を維持しつつ、月々の保険料の負担を軽減することも可能です。

詳しくは、保険会社の相談窓口やフィナンシャルプランナーに相談するとよいでしょう。

 まとめ

生命保険の長期にわたり支払っていく保険料を合計すれば、生命保険は人生で 2番目に高い買い物と言われたりします(1番はマイホーム)。きちんと知識を持ったうえで、あなたに合った商品を選ぶと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る