【死亡保険】終身保険は将来まとまった資金としても活用できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

死亡保険の中でも代表的な保険のひとつである終身保険。終身保険は、一度加入したら「一生涯」保障が継続し、契約が続く限り保険金が受け取れます。また、死亡時に保険金を受け取る必要がなくなった場合は、解約して解約払戻金を受け取る事もできます。これは、将来まとまった資金として活用することもできます。

 

一生涯必要と思われる死亡保障は終身保険で準備すると安心

死亡保険には、一生涯保障される「終身保険」のほか、一定期間保障が受けられる「定期保険」「収入保障保険」などがあり、それぞれのニーズに応じて商品を選ぶことができます。

終身保険の一番の特徴は、一生涯保障されるので、契約が続く限りいつか保険金が受け取れるという点です。また、解約した時には解約時期に応じた解約払戻金が受け取れることもあるので、掛け捨てではないという点も人気の理由ではないでしょうか。

ただし、いつか保険金を受け取れるということは、将来の保険金支払いに備え、保険料を積み立てていくということです。そのため、保険料は掛け捨ての定期保険に比べて高くなります。
働き盛りのときに何千万円もの死亡保障をすべて終身保険で準備をしようと思うと高額な保険料が必要になってしまいます。
このような場合は、終身保険で準備するべき保障額をきちんと考えた上で、少ない負担で大きな保障を確保できる掛け捨ての定期保険と上手に組み合わせて、加入するのがおすすめです。

死亡保険は必要ないと判断したら解約することもできる

終身保険の保険金額は一生涯を通じて必要と思われる額を設定します。
ただ、必要な死亡保障額はいくらなのかピンとこない人も多いでしょう。実際に保険金額は、年齢や働き方、子どもの有無などライフステージの変化によって増減します。

たとえば、夫婦2人の年金生活になった場合、受け取る年金と貯蓄を取り崩すことでなんとか生活ができそうな時は、死亡保障額はお葬式代やお墓など、亡くなった際、一時的に必要な分だけ確保できれば良いという考えもあります。
死亡時の保険金の備えを貯蓄で準備ができそうで、死亡保険金を受け取る必要がないと判断したときには、その時点で解約することも可能です。
解約することで受け取る「解約払戻金」は、まとまった資金として、老後生活の楽しみなどに使うのも良いかもしれません。

一生涯を通じて必要な死亡保障を終身保険で確保し、子育て期間などのお金のかかる時期に必要な保障分は、定期保険に加入して上乗せすれば効率よく保障を備えることができそうです。

終身保険は、将来の使い方も考えて選ぼう!

終身保険は保険料負担が大きいといわれています。しかし、一定の期間、解約払戻金の額を抑えることにより、通常の終身保険よりも毎月の保険料負担を低く抑えられる保険もあります。

それは、「低解約払戻金型」と呼ばれる終身保険です。保険料払込期間中の解約払戻金を通常よりも低い割合に設定しているため、若いうちは解約するつもりがないと考えている人なら、「低解約払戻金型」の終身保険でコストを抑えながら終身保障を確保するというのも良い方法です。

また終身保険の解約返戻金を活用する方法もあります。教育資金や老後資金作りのために終身保険に加入し、必要な時期が来たら、計画的に解約払戻金を受け取るというのもひとつの方法です。資金準備をしながら、それまでの間の死亡保障も確保できます。

このような活用を考える場合は、必要な時期に受け取れる予定の解約払戻金と払込保険料総額を比較して有利かどうか判断した上で加入しましょう。

また終身保険に加入する時は、一般的に所定の健康診断などを受けた上で加入します。しかし、持病があると加入出来ない場合もあります。
ただし、そのようなケースでも加入できる終身保険もあります。この保険は持病があるなど、リスクが高い人が加入できる分、保険料は割高ですが、どうしても保障を確保したい場合には、検討してみると良いでしょう。

まとめると、

  • 保険料負担が高い終身保険も、一定の期間、解約払戻金の額を抑えれば、月々の負担を安く抑えられる保険もある
  • 終身保険には、解約返戻金を活用する方法もある
  • 持病があっても加入できる終身保険もある

xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る