【女性向け保険】女性向け医療保険は普通の医療保険との違いはあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女性向け医療保険は、女性特有の病気にかかった場合の保障が充実しているのが大きな特長です。女性疾病以外の病気やケガで入院や手術をした時にも通常の保障が受けられ、女性疾病にかかった時には、給付金が上乗せされるのが一般的です。今回は、一般の医療保険との違いや女性向けの保険に加入するべきなのかを解説します。

 

女性特有の病気への保障が手厚いのが一番の特徴

女性特有の疾病には、乳房や子宮、卵巣、卵管などの病気のほか、妊娠や出産に伴って起こるさまざまなトラブルも含まれます。
代表的なものには乳がんや子宮がん、卵巣がんといった女性に多いがんがあります。その他に子宮内膜症や子宮筋腫なども女性特有の疾病で、重症化すると入院や手術が必要となるケースもあります。
妊娠や出産に伴うトラブルには、流産や子宮外妊娠、妊娠高血圧症候群などがあり、出産の際の帝王切開も女性疾病の中に含まれます。

それ以外の病気やケガで入院した場合は、普通の医療保険と同じように入院給付金、手術をした時は、所定の手術給付金を受け取ることができます。
女性向け保険ならではの特徴は、上記のような女性疾病での入院や手術の際、通常の保障に上乗せして給付金が受け取れる点です。

このように、女性特有の疾病を手厚く保障するのが女性向けの医療保険です。女性疾病での保障を上乗せするだけでなく、がんや脳卒中、急性心筋梗塞など三大疾病の保障も手厚くしたタイプや、がん全般の保障も上乗せできるタイプなどもあります。

また、一定期間毎に生存給付金が受け取れるタイプの保険もあります。その他に契約者が亡くなった場合に以後の保険料負担が不要になる保険や、契約者が亡くなった時に死亡保険金が支払われる保険など、種類が豊富です。
女性向けの保険に限りませんが、特約のつけ方次第で保障の充実度と、保険料負担も異なります。加入する時は必要な保障と負担のバランスを考えて選びましょう。

必要かどうかは個々のニーズと保険料のバランスで考えて

一般の医療保険と比べると、女性の疾病に対して手厚い保障がある女性向け保険。しかし、女性疾病だからといって、特別な医療費がかかってしまうケースは多くはありません。

ただ、まだ医療保険に加入していない人や、家系的に女性疾病にかかりやすいという不安があるかたにとっては、いざという時の保障を手厚くしておけるので、検討する意味はあるといえそうです。
また、乳がんや子宮がんなどの心配があるものの、まだがん保険は検討していないというかたも女性向け保険を検討してみるといいかも知れません。
女性特有のがんに限られるものの、通常の医療保険より充実した保障を確保できるはずです。

さらに女性疾病で入院した場合、病状によっては個室を選びたいと考えるケースも少なくありません。その場合には、差額ベッド代など費用の負担がかさむ可能性もあります。そのようなリスクに備えておきたい場合にも女性向けの保険を検討するとよいのではないでしょうか。

加入するなら妊娠、出産前に検討を

女性疾病は比較的若いうちからかかりやすいものも少なくありません。
卵巣のう腫などは、20歳代でもかかりやすい病気です。また妊娠や出産年齢は、20歳代~40歳前後、乳がん子宮筋腫などは40歳代から急増します。
このように女性特有の疾病は必ずしも高齢になるほど増えるというものではありません。

また1度罹患してしまうと、一定期間経たないと加入できないという場合や、保険に入れない場合もあります。
特に妊娠や出産によるトラブルは、誰にでも起きる可能性があります。それであれば、妊娠・出産前に女性向け医療保険に加入しておけば、トラブルになっても、手厚い保障が確保でき、安心ということが言えます。

まとめると、

  • 女性向け保険は、女性特有の病気への保障が厚い
  • 女性疾病にかかりやすいという不安がある場合は検討してみては?
  • 妊娠、出産前に加入しておけば万一の時も保障が確保でき安心

加入期間は一生涯保障される終身タイプが安心ですが、保険料は定期タイプに比べて高くなります。ただ、定期タイプは更新するたびに保険料がアップしていくので、若いうちは負担が軽くても高齢になるほど保険料があがります。
本当に保障が必要な時期になって、保険料負担が厳しくなり保険を解約してしまうことがないよう、よく考えて選びましょう。
また終身タイプの保険でも、主契約以外の保障は一定期間ごとに更新するものもあり、更新ごとに保険料がアップしていきます。加入の際は、保険料の低さだけで選ばず、細かい条件などを比較検討して慎重に検討しましょう。

<参考>
「厚生労働省平成26年 患者調査」 上巻第10-1表 推計入院患者数,性・年齢階級×傷病小分類別

blanche / PIXTA(ピクスタ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る